ペニス増大サプリを摂取する上で押さえておきたいリスク

公開日: 

ペニス増大サプリを摂取する上で押さえておきたいリスクはこれだ!

ペニス増大サプリを摂取する上で押さえておきたいリスクはこれだ!

理想の大きさのペニスやチンコを目指し、ペニス増大サプリを摂取する男性が増えています。

バイアグラやシアリスなどの医薬品とは違い、身体に穏やかな作用で働きかけてくれるのがメリットですね。

しかし、そんなペニス増大サプリでも、摂取する上で幾つかのリスクがありますので注意しないといけません。

このページではペニス増大サプリのリスクやデメリットを中心に説明していますので、これから飲み始める予定の男性は一度目を通しておきましょう。

 

不快な症状が引き起こされることがある

ペニス増大サプリは内服薬ではないので、副作用が引き起こされることはありません。

安全に飲み続けられるのが大きな特徴ですが、個人の体質によっては不快な症状が引き起こされることがあります。

頭痛や腹痛など症状は様々で、次に該当する男性は要注意ですよ。

  • 1日の目安摂取量を守らずにカプセルや錠剤を飲んでいる
  • アレルギー体質で原材料や成分のチェックをしていない
  • アルコールと一緒にサプリメントを飲んでいる

間違った飲み方で続けていると、「腹痛や下痢」「気分が悪くなる」「動悸が激しくなる」「倦怠感や疲れ」といった症状のリスクがあります。

正しい用法や用量を守っていれば副作用で悩まされる心配はないので、購入したペニス増大サプリの飲み方を公式サイトできちんと確認しておきましょう。

 

海外産のサプリは身体に合わない可能性がある

高いペニス増大効果を目指し、海外産の製品を飲んでいる男性は増えました。

薬局やドラッグストアなどの実店舗では一切取り扱っていないのですが、Amazonや個人輸入代行サイトを利用すれば簡単に海外産のペニス増大サプリを入手できます。

ただし、国産の製品とは違って、海外産のペニス増大サプリは身体に合わないリスクがありますので気を付けないといけません。

国産のペニス増大サプリは比較的安全性が高く、次のように様々な法律をクリアして販売しています。

  • 医薬品成分が配合された商品の販売を禁止する「医薬品医療機器等法」
  • 広告で誇大表示を禁止する「健康増進法」
  • 原材料を用量順に表記しないといけない「JAS法」
  • 事実と誤認させるようなステマを防ぐ「景品表示法」
  • 様々なトラブルを未然に防ぐ「特定商取引法」

これらの法律をクリアした商品しか世に出回らないので、国産のペニス増大サプリは安全性が高いわけですね。

一方で海外産のペニス増大サプリは日本の法律が適用されないため、「禁止されている原材料や成分が使われている」「日本人の体質に合わない成分が入っている」といったリスクがあります。

それに加えて身体の大きな外国人男性に焦点を当てて製品が作られている傾向がありますので、少しでもリスクを抑えてチンコを大きくしたい男性は国産のペニス増大サプリを飲んでください。

 

得られる効果には個人差がある(時間がかかる)

「ペニス増大サプリを飲めば直ぐに理想の大きさのチンコを手に入れることができる」と考えている男性はいませんか?

確かに、ペニス増大サプリにはペニスの血流を促したり成長ホルモンの分泌を促進したりする有効成分が入っていますが、次の2つのリスクがあります。

  • 得られる効果には個人差がある(必ずしもデカくなるとは限らない)
  • 何かしらの変化を実感するまでに時間がかかる

摂取した翌日にペニスが大きくなっているようなサプリメントは逆に危ないですよね。

あくまでもペニスを大きくするサポートをしてくれる製品ですので、効果や変化が出るまでに相応の時間がかかると頭に入れておかないといけません。

「ペニス増大サプリを飲んで○○日間で大きくなる」と一概に説明できないものの、どんなに短くても3ヵ月間は継続すべきです。

1週間や2週間など短期間では効く効かないが一切分からないので、ペニス増大サプリは根気良く飲み続けて体質改善を図るようにしてください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人について

    エコナッチ(Econache)

    管理人のエコナッチ(Econache)です。100種類以上のペニス増大サプリを飲んできました。いわばペニス増大サプリのソムリエと言っても差し支えないでしょう。このブログ、いや、レストランでは、そんな私がペニス増大サプリに関する確かな情報をお届けします。

  • アーカイブ

PAGE TOP ↑